七五三の晴れ着!和装で気をつけること3選!?

3歳の和装は被布を?!

地域によって異なりますが、3歳は女の子が七五三を迎えます。まだ体もしっかりしているとは言えず、しっかりとした和装の着付けは難しいでしょう。洋服でも良いのですが、せっかくのお祝いごとなので和装をさせたい場合、被布がオススメです。帯を締めずに腰紐で着物を着付けます。その上から被布というベストを羽織るのです。とても簡単に着付けられるでしょう。また3歳児にとって足袋はとても歩きづらく転倒の危険も考えられるため、写真撮影の時だけ履かせて、歩く時は運動靴に替えても良いです。

羽織袴でかっこよく?!

5歳になると男の子の七五三があるでしょう。5歳児の羽織袴というものがあり、本格的です。サイズが小さいだけで着付け方も大人用とほとんど変わりません。襦袢を着させ、着物を腰紐を使用して着付け、その上から袴帯で締め付けます。かなり着込むので五歳児の体にとって、苦しさは否めないでしょう。五歳児に長時間羽織袴を着させておく事は可哀想なので、お参りに行く直前に着付け、お参りが終わったら脱がせてあげられるように、着替えの洋服を持っていきましょう。

7歳の四つ身は大人顔負け?!

7歳の女の子が七五三のお参りに行く時に着る和装の四つ身は、かなり本格的で、大人顔負けでしょう。四つ身は裾上げをし、おはしょりもしっかりと出し帯を締めます。その上から帯締めをします。かなり重さもあり、お腹周りが締め付けられていますが、七歳になった女の子は、おめかしに喜び多少苦しくても我慢してしまう事もあるでしょう。大丈夫と言っているからとお参りのあとの食事等まで着せていってしまうと、苦しくなり具合いが悪くなってしまうことも考えられます。お参りが終わったら用意していった洋服に着替えさせてあげると良いでしょう。またヘアセットも、アップにすることが多く、疲れてしまうので、お参りが終わったら取ってあげた方が良いです。

七五三は写真屋さんで記念撮影をすることで一生の思い出になるので専門家に依頼して家族写真を撮るといいでしょう。