iphoneに指紋や手の油がつくのを防ぐ方法

スマートフォンは操作に指先を利用するから汚れやすい

相手と連絡を取るための手段は、ピッチからPHS、そして携帯電話からスマートフォンへと移り変わって行きましたが、そのスマートフォンは携帯電話と勝手が異なる部分があります。それは、携帯電話がキー操作が多いのに対して、スマートフォンは操作に指先を使うということです。画面をタッチしたりスワイプしたり、日本指でピンチ操作したりする事で操作をします。なので画面を頻繁に触ることが多くなり、手垢が付いたり手の油が付着して汚れる事も多いですよね。

画面が汚れると見難くなってしまう

そしてiphoneの画面が汚れてくると、せっかくの綺麗な液晶が見難くなってしまいます。汚れがベタベタ付いていると操作をするときに鬱陶しくなることもあるでしょう。酷い汚れがついていたり画面に傷等が入っていると、買取をしてもらいたいときに査定金額から減額される場合も多いです。ですので、新しく乗り換えをした時に、古くなった機種を買取ショップで査定してもらって売却する予定の方は、なるべく汚れがつかないように工夫しなければなりません。

画面の汚れを防げるオススメの手段

そして、そのようなiphoneの画面の汚れを少しでもつかないようにして、綺麗なまま使いたいという方は、液晶画面の保護フィルムを使うのがオススメです。保護フィルムは画面の上に非常に薄いフィルムを貼り付ける事で画面を汚れから守ってくれるものです。また、最近の保護フィルムは進化しており、手垢が付いても見え辛くならなかったり、反射やテカリを抑えてくれる製品があります。保護するだけでなく、iphoneが見えやすくなるものですので、iphoneを買ったらそんな保護フィルムをつけて使って行きましょう。

スキンシールの専門店では用意した画像や写真で自分だけのオリジナルのものを作ることが可能になっています。