多様で奥の深い中華料理は日本にはとても縁の深いもの・・・

中国語と同じように中華料理も実に多種多様なもので

中華料理とひとくちに言っても、実際には四川料理に広東料理などなどと、その種類は実に多様で豊富なものです。これはちょうど、中国語とひとくちに言っても、実際には北京語に広東語、上海語に福建語といった、多様な言語から成っているものの総称であるのと同じようなもの、と言えるでしょう。このように、中華料理というものは、中国の様々な地域の特色ある料理から成り立っているものなので、実に多彩で多種多様な料理から成っているものなのです。

今や本家をしのぐものとなっている日本のラーメン

こうした中華料理の中には、日本に輸入されてそれが日本的なアレンジを施されて、本家の中国の料理とも違う独自のものに発展している、といったものもあるわけです。その代表選手とも言えるものの一つが、ラーメンではないでしょうか?今やラーメンは日本の代表的な料理の一つとして、押しも押されぬものとなっているわけですが、その大元はもちろん中華料理だったわけですね。しかし、今では本家中国のラーメンをしのぐほどのものとなっていて、中国人も日本のラーメンはすごい、と絶賛するほどのものとなっているのです。

中華料理は日本には大変に縁の深いもの・・・

このラーメン以外にも、餃子にシュウマイ、肉まんといったように、今ではすっかり日本の定番料理として定着しているものは少なくありませんね。フランス料理が西洋料理の代表選手であるように、中華料理は東洋の料理の代表選手とも言える存在なのですが、それが日本に及ぼしている影響という点でも、中華料理はフランス料理をはるかにしのぐものとなっている、と言えるのではないでしょうか?もちろん、日本には百年以上も前から華僑という人たちが住んでいて、この人たちが本場の中華料理を提供してくれているわけなのです。

冬になるとどこのコンビににも並ぶのが肉まんです。ふっくらした生地と肉汁あふれる餡、あつあつをほおばるのを楽しみにしている人が多いです。